会長挨拶

第82回日本皮膚科学会東部支部学術大会
会長 山本 明美(旭川医科大学皮膚科学講座 教授)

この度、第82回日本皮膚科学会東部支部学術大会を旭川市で旭川医科大学皮膚科学教室が担当させていただくことになりました。旭川市での開催は2003年に飯塚一名誉教授が第67回を開催されて以来、15年ぶりの開催となります。今大会のテーマは「For Dermatology in the Future」としました。このテーマに込めたのは、これまで私たちが受け継いだ多くの先輩からの知的財産をこれからの皮膚科学を担ってくれる若手医師や学生にどのように残し、継承・発展させてもらうかを考える機会としたいと言う思いです。今大会では将来一人でも多くの若者が皮膚科を専門領域に選んでくれるようにとの願いから医学部学生は参加費無料とし、「学生さんへのメッセージ」セッションにて皮膚科学の面白さに触れてもらうことにしました。今大会のシンポジウムや教育講演は旭川医科大学が力を入れている領域を中心に組ませていただき、特別講演はクラウド医療や国際医療が専門の本学学長の吉田晃敏教授におねがいしました。文化人講演は医療界でも問題となっている男女共同参画や働き方改革をはじめ、多方面でご活躍中の経済評論家、勝間和代様にお話しいただきます。どうぞご期待ください。

海外からの招請講演は遺伝性皮膚疾患でご高名な英国キングスカレッジのJohn McGrath教授と、肥満細胞研究の専門家である米国カルフォルニア大学サンディエゴ校のAnna Di Nardo先生にお願いしました。その他、東部支部定番のCPCも教室員が厳選した教育的症例をそろえてお待ちしています。

私の専門領域は電子顕微鏡法(電顕)を用いた皮膚科研究ですが、現在、電顕を自前で実施できる施設は数えるほどになってしまいました。昨年、私の恩師で表皮水疱症の電顕研究の第1人者であった英国キングスカレッジ名誉教授のRobin Eady先生と、電顕の世界的な権威であったウェイン州立大学医学部名誉教授のKen Hashimoto先生が相次いで他界され、僭越ながら皮膚科領域で次世代に電顕の技術と知識を伝える仕事は私に託された使命と考えるようになりました。そこで今回は参加者への記念品として、正常皮膚の電顕写真を解説とともに電子データでUSBメモリーに入れてお配りします。講義や講演などでその画像を自由にお使いいただき、電顕を後世に伝える手段の一つとして役立てていただければ幸いです。

また今回の学会は同じ会場で3日前からヨーロッパと日本の皮膚科領域のイメージングの学会(皮膚かたち研究学会)のジョイントセミナーを開催させていただきます。2つの学会とも参加される皆様には参加費の割引がございますのでぜひご利用ください。10月の旭川はもう肌寒い時期となっておりますが、学会最終日の翌日は祝日ですので是非、北海道の自然やグルメを楽しんでお帰りください。多くの皆様のご参加を教室員一同、心よりお待ち申し上げます。